So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

園芸の日と、主人にダイエット

「スペアミントの花」
P1050524.JPG

「毎年、こぼれ種で生えてます」
P1050525.JPG

「8月21日の朝の虹」
P1050527.JPG

P1050528.JPG


最近、健康診断に行ってきました。
結果を見ているうちに、ふと・・・そういえば、主人も勤め先で、健康診断を受けていたよね?
結果って、どうだったんだろう?
「ねえ、健康診断を受けて、結果はどうだったの?」

聞くと、
「そんなの、いいじゃん。健康だし。」
ジト-っと妻は、夫を見ました。
鶴の一声で、「結果が出ているのなら、いますぐに見せてください。」

しぶしぶ、封筒と持ってきました。
なんとまあ、封も開けてませんでした。
「あ~どれどれ。。。」
ほぼ全てA判定。むしろ、去年より健康になっていました。

ほっとしたのも、つかの間C判定が二つ。
体重が一年で、あり得ないほど増えており、結果として血圧も上がっていました。
「もう、毎日のアイスクリ-ムなし。」
妻は、心を鬼にして、言い渡しました。

ぜ~んぜん、これが、かわいそうでなくって、毎日これ以外のお菓子をいっぱい食べてますから。
今でも忘れない出来事。
婚約して初めて、平尾のお家で見た、山盛りお菓子を3兄弟で、全てむしゃむしゃと無言で食べきったこと。

お姉さんも、私が目をまん丸くしてみていると、「ね?驚いたでしょう?私も最初見たとき、びっくりしたもの。もう、なれたけど。」
あれよりは少なくなりましたが、それでもすごい~です。
部活で疲れた息子は、残念そうですが、協力できるそうです。

では、他の時に、いただいてくださいね・・・配慮しますから、息子よ~。
そんな息子は、今日も部活動のパレ-ド。
いない間に、母は、草取りを頑張りました。
挿し木もして、きれいにかたづけました。

草って、本当に成長が信じられない程早い。
ちょっと前に、何にもなかったはずのところに、茂みになって生えている。
そこに、ミントや、青じそまで、混ざって、ぼうぼうになっていました。
きれいになると、やはりうれしくて、何度も、見回ってニマニマ。

あとは、どれくらい持つのかな。
今年は、熱くて、危ない枯れそうなハ-ブがありますので、枯れないうちに慌てて、挿し木をしました。
ぜ~んぶ、付くとすごい数ですが、保険はたくさんがいいものね。
お庭がきれいになると、心もきれいになる気分です。

みんなお仕事。

「ミニバラ」

P1050522.JPG

「シナモンバジルの花」

P1050523.JPG

男の子2人は、出勤及び、部活動に出かけました。
7時前には、1人になるので、朝の早い涼しい時間に、念願の窓をパア~~~っとあけてのお掃除をしようと準備していました。
ここのところ、余りに熱くて、一日中ク-ラ-なしには、息もできない位でした。

昨日の朝は、冷房が効いているはずなのに、お部屋が熱くて、これはひょっとして外の方が涼しいのかな?と思い、窓を開けてみると、ひんらりとした空気を感じました。
夕方のニュ-スでは、秋の風が一足早く、来ていて今日は、涼しいとのこと。
土曜日も涼しいとのこと。

家族は朝早いし、では~早速、窓全開にあけてできるお掃除タ-~イムという訳です。
窓を開けて空気を入れ換えるのに、かなり命をかけている私。
冬の寒い時期でも、一日に一度は必ず、窓を全開にあけての換気・・・を日課としていました。
そこまで、かけているのに、この暑さには、できませんでした。

早朝なのに、窓を開けるとムワ~という熱気。
昨日は、何日ぶり?の窓全開の換気ができて、ふか~い呼吸ができました。
やっぱふか~い呼吸のできる風を感じられるって、いいわ~・・・と思ったのでした。
掃除機をかける前までの、準備は全て完了いたしました。

ですが、掃除機は、音が大きいタイプのでして、さすがに、8時にならないとできないなあと思って、それなら、ブログを気持ちよく風を感じて加工かな・・・となりました。
もう一つ、うれしいのは、巣立ったつばめちゃん達が、何匹も遊びに来てくれています。
何度も、かつていた巣の周りを、おしゃべりしながら、旋回しています。

写真・・・これが、難しいです。
一瞬で飛んで行ってしまい、頭の写真に収めるしかありません。
つばめちゃんに、おはよう~と挨拶しました。
猛暑と、つばめちゃんに手伝っていただいて、ほとんど精油のスプレ-をかけなくても、今年は虫は今のところ、バラさんには余りついていません。

ただ、あまりの猛暑で、寒い地域のハ-ブが、なんだか元気なくって、挿し木をし始めました。
そういえば・・・去年の秋も、もう冬じゃないの?という時期まで、つばめちゃんいたなあ。
寒い時期には、暖かい国に移動するはずなのに、こんなに遅くまでいたら、そのうちに越冬しちゃうよ~と少し心配になったほど。

ずっといてくれるのはうれしいけど、自然界的にどうなんだろう?と思ってしまいました。
あと一週間で、蓼科のクリスタルヒ-ラ-コ-スです。
しっかりと学んで、クリスタルを使いこなして、いえ、使いこなせる毎日を生きていけるようにしていかないとね・・・と思います。

そうそう、まずは、研修会場にたどり着かないといけないのでした。
油断は禁物。
たどり着いたら、野となれ、山となれ~ってかしら?
なんとかなるものね。

気持の良い一日を迎えられそうです。

のんびりなお盆。

「ごへいもちセット」

P1050521.JPG


のんびりとお盆を過ごしています。
11日は、主人の実家に。
いとこと、おばさんと一緒に念願の、トランプゲ-ムができて、とっても楽しかった~名残惜しかった~という息子。

実家に入るのに、いつもはわんちゃんがいて、玄関隣のドアから入っていました・・・が、7月の終わり頃に、突然亡くなったとかで。びっくりしました。
「まだ、悲しくて立ち直れない」と聞きました。
また、再会して欲しいなあと思いました。

息子厳選の、焼酎に、お土産に、コ-ヒ-パフォ-マンスで、盛り上がりました。
ワンがいなくて、少し寂しかったけど、他のみなさんは、元気そうで良かったと思いました。

12日は私の実家にいきました。
お寿司をごちそうしてくれるのですが、近くの回転寿司で、注文したお寿司をとりにいくと、ロ-ズのセラピストさんに出会いました。
びっくり~です。

実家では、いつもの夫婦漫談?父のお口がいつも以上にとまらなくて、元気で良かったね~でした。
息子は、お休みを満喫しており、カ-ドゲ-ムを久しぶりにイオンでできて、楽しかったようです。

夜は、主人のお兄さんが店長さんをしている焼き肉店に、いきました。
こんなに食べて飲みますか~な位、メンズチ-ムは楽しんでおりました。
つい・・・ご飯は、食べ過ぎだからやめておこう・・・という昼間の決心は、すぐに揺らぎ、ライス中を注文を口走ってしまいましたあ・・・。

体重計には、すぐに反映されておりました。
ただいま、早くも調整中です。
13日は、お仕事をさせていただきました。
遠くからお越しくださって、全身トリ-トメントの特訓をみっちりとさせていただきました。

お二人ともとても上手でした。
一人の方は、体力仕事の方で、お疲れで、すぐに寝息が聞こえてきました。
遠くで、私の説明が子守歌のように聞こえていたらしいです。

もう一人の方は、トリ-トメントで、気持の良い体験がないそうで、余り施術も受けたことのないそうです・・・が、やはり寝息をたてて、遠くの世界を何度も見たらしいいいです。
ですが、やはりプロですので、何かを感想を聞くと、すぐに答えるのが、プロ意識を感じました。
私も、とっても楽しかったです。

今日は、まったりと・・主人は、お出かけしたかったらしいですが、一日くらい、まったりしても、いいよね。
まったりの間にしたこと。

たま~に、朝の韓ドラを放映しているときに、ちょっとだけ見るときがあって、次に見るときは、数日もたっており、せいぜい10分とかなので、あれはどうなったのか?どう結末になったのか?
非常に気になっていた時代劇がありました。
そんな風で、日本のドラマの、気になりながら、最終回を見れなかったものがあって、数年たっても未だに気にしているドラマがあります。

といっても、そのドラマも、せいぜい、見れてしっかりと見れたのは、一回ほどで、あとは、10分を数回とか、そんなレベルです。
今では、便利なあらずじのサイトがあるんですね。
まだ、放映中ですが、再放送を何度もしている時代劇ですので、最終回まで、読みました。

そして、なんだか、ブル-になりました。
思っていたハッピ-エンドじゃなかったあ~でした。
アメリカ映画でもシリ-ズになっていて、テレビドラマにもなっており、それまで頑張って見ましたが、やはりぜ~んぜんハッピ-エンドにならないので、もう見ない・・とやめたものがあります。

これも、時間があるので、できたことですねえ。
なかなか見れない、推理もののテレビも見れました~残念ながら、肝心のところで、惜しくも、寝てしまいましたあ。
最後にできたのは、息子のヒ-リングとホットスト-ンと、自分のヒ-リングです。

息子、甲子園に行く。





今年、高校野球が100周年記念の年なんですね。
いつも甲子園には県で一校だけが、いくのですが、今年は県によっては、2校の出場があるそうです。
息子の通う工業高校の姉妹校が、22年ぶりに甲子園出場を決めました。

応援に欠かせない吹奏楽部生が、10人しかいないとかで、急遽、名古屋校のマ-チングバンド部も応援を頼まれまして、夜行バスに乗って、応援に行くこととなりました。
午前中に部活にいってから、お昼に帰り、そこから夜遅くに、また学校に向かい、そこから夜行バスで、甲子園に行きました。

高校野球に興味のなかった私たち夫婦。
応援もむなしく、強豪校が対戦相手で、何度も日本一になる高校にあたり、惜しくも一回戦敗退となりました。
息子の応援姿が、テレビに映っているかもしれないと思い、録画をしていますが、ちょっと見たところでは、全体を映した感じで、これからじっくりと探してみようと思っております。

そんなこともあって、トリ-トメントにお越しになった方に、高校野球について、聞いてみました。
みんな、驚く程詳しくて、あつ~く語ってくれる人が多くて、放映されるだけあって、あそこには、人生ドラマがあるとか。

あの夢の舞台に立つまでの道のり、すでに予選がたくさんあって、高校球児だけなく、支える家族、野球部だけでなく録画をする人、手配をする人、等々様々な周りがあるのも伝わってきました。
中には、話しながら涙を流している方もおりました。

そのことを、息子はぜ~んぜん、感じておりません。
「なかなか、甲子園に行く機会は、ないし、いきたくても応援だって、行けない人もたくさんいるのだから、楽しんできて。」
はてはて、伝わったのでしょうか?

帰ってくると、びっくりなたくさんのお土産の箱が買われておりました。
「なんかさ~とりあえず、誰かにあげてもいいように、足りないといけないと思って、できるだけ買ってみた。」という息子。
お小遣いを結構ついやして、購入したらしい。

そ・・・そうか・・・これが、息子の楽しみ方なんだね。
「甲子園で何かを買うなんてとても時間もないし、できなかったから、サ-ビスエリアで買ってきた。」のだとか。
昨日、応援から帰ってきて、今日もまた朝から一日、部活動です。
明日からは、念願のお盆休み。

心なしか、うきうきを感じます。
ここまで、土日も休日も一切関係なく、夏休みも関係なく、毎日部活動でした。
お盆は、ゆっくりと楽しんでくださいな。
お盆は、お互いの実家に訪れて、コ-ヒ-パフォ-マンスが予定されています。

息子厳選コ-ヒ-豆は、購入済み。
入れ立てのコ-ヒ-をたてて飲んでいただく・・・・を、楽しみにしております。
みんなが、「おいしい~」と喜んでくれる顔を見たさに、コ-ヒ-セット一式を持って、伺います。

期限が良ければ、毎日入れ立てコ-ヒ-を作ってくれることでしょう。
明日から、とっても楽しみです。

蓼科でトリ-トメントを受けました。

P1050515.JPG

P1050516.JPG

P1050517.JPG

P1050518.JPG

P1050519.JPG

P1050520.JPG

今日、蓼科でトリ-トメントを受けてきました。
主婦ですので、早めに起きて、躇K食にお弁当をつくってから、高原のおいしい野菜や、果物、お米、お水もおいしいのでパン屋さんにも、よって買い物もしてきました。
10時少し過ぎには、茅野のAコ-プにおりました。

平尾家で、はまっている銘柄のお米があります。
最近、行くたびに10キロ購入しております。
買い物袋にはいっぱい。
そこから、お目当てのパン屋さんに、お土産をかねて、食パン2斤分を4つ買いました。

パン、ド・ミ
プルマン
イギリス食パン
3種類ありました。

ここのお店は、おいしいので、11時までに買わないと、全ての種類は買えません。

パン、ド・ミは、塩味のシンプルな食パン。
これこそが、詳しい人に言わせると、イギリスで売っているサンドイッチ用のパンらしです。
ド・ミとは、パンの中身という意味らしい。

プルマンは、バタ-や、生クリ-ム入のちょっともちもち甘めのパン。
イギリス食パンは、蓋をしないで役ので、これこそが、今まで、イギリスのサンドイッチ用のパンで、テレビでもいっていたので、軽くてカリッと焼けるパンだそうな。
でも、今回勉強になりました。

そうですねえ・・・平尾さん風に言いますとですね、
「お腹に入れば、み~んなおいしいって、くくり」です。
カリカリだろうと、ふわふわだろうと、モチモチだろうと、いいのです。
「パンを冷凍したことある?」「ご飯を冷凍する?」聞かれました。

そんなこと、ないなあ。
だって、その前に食べちゃうもん。
世の中には、1合のご飯を大人2人で、2回分のご飯になる・・・びっくり~!です。
おやつじゃないよね?

「大食い選手権に出たらどう?」それは、無理。
そこまでの、胃袋は、ないのです。
今日、別腹の話になりまsた。
大好きなものには、お腹いっぱいでも見ると、本当に胃袋に隙間が出来るらしい。

今日の議題。
アイスは、お腹いっぱいでも、食べられるかどうか?
「アイスなんて、どんな時でも、食べれるよ~。溶けちゃえば、水と一緒でしょ?」
この意見が2人。

「ええ~、くどいし、お腹すかないと、食べられないです」
この意見も2人。
あと1人は、そもそも余り食べない人。
アイス・・・太らなければ、たくさん食べられるのになあと思うのであった。

トリ-トメント後のアイスは特においしかった~、



ご報告。

P1050514.JPG

金曜日の夜に、重そうなスイカを、丸ごと一ついただきました。
食べ終わりました・・・のご報告です。
スイカの大好きな夫婦ですので、一回で、1人6分の1食後のデザ-トでいただけます。
スイカは、夏の暑い時期に、いただくと身体が満たされますね。

良い水分が身体にしみこんで行くのを感じます。
土曜日の夜に、3泊4日の合宿から息子が帰宅し、夫婦だけの時間は終了しました。
特に何って、なかったけど、心なしか主人もくつろいで、ノンアルコ-ルのビ-ルをいただいたりしていました。

合宿の直後に、大須商店街のお祭りパレ-ドに参加して、この先も、ずっと部活があることに、息子はお腹立ち。
合宿の間に、先輩達のご不満をずうう~っと聞いていて、息子も一緒に影響を受けているらしい。
最近の口癖が「どうでもいい」と「めんどくざい」と「はああ~」のため息になりました。

このまま、反抗期か?と観察中です。
車の移動中に、ヘッドトリ-トメントみたいな、ヒ-リングで、すぐに寝息を立てていました。
さて・・・どうなるのでしょうか?
9月まで、ガ-ドの担当に、サックスまで急遽担当になったとかで、ぶつぶついっております。

「本当はさ、お祭りだから、少しは楽しんで見ていきたかったけど、先生に言われて無理だった。」愚痴っております。
私は、会社つとめの良い訓練だと思っています。
「みんな、輝のような少しだけ楽しんで、帰宅する子ばっかりだったら、先生もいいよ~って、言うと思うけど、いろんな人がいるから、しかも熱中症の心配もあるから、そう言ってくれたと思うよ」

何にも言いませんでした。
別に、先生の見方ではありません。
いろんな方向から、立場から、見たときに・・・と伝えたいだけです。
自分で選んだことなら、貫かないとね・・・は、最後の言葉としてとっておこうと思います。

頑張った息子と、私たち夫婦に、ご褒美のかき氷を食べに行きました。
おいしいかき氷で、頭をひらして、糖分で補充して、気持も満たされて、あ~おいしかった~。
つい、「あなた、幸せでしょ?美味しいものを食べると、幸せだねえ~」と主人に何度も伝えてしまいます。

「あ~おいしい~幸せだね~」と何度も言ってしまいます。
そして、いただきものを、美味しく食べているときには、つい、
「○○さん~ありがとう~おいしい~です~」つい、言ってしまいます。
美味しいものって、簡単にどんな時も幸せな気持にしてくれて、ほんっといいですね。

猫舌家族。

P1050511.JPG

P1050512.JPG

私たち家族はそろって、猫舌です。
その猫舌エピソ-ドをトリ-トメントに来て下さった方にお話しますと、ぜひ、ブログに書いて下さい・・と言われました。
そんなにおかしいかなあ。

私が、よくすること。
ホットコ-ヒ-が、熱湯か?という程熱いときに、すぐに冷まして飲みたいときにすること。
①モ-ニングをいただいて、器をカラにしておく、
②そのカラの器に、出てきたコップのお水を、全て注ぐ。
③カラになったコップにホットコ-ヒ-を、一滴ももらさないように、注いで移す。
④しばらくおいて、冷ました後に、もう一度、冷めたであろう、コ-ヒ-が入っていたカップに、コ-ヒ-を戻す。
⑤もし、これでも、熱かった時は、そばのスプ-ンで、草津温泉の湯もみのように、なんどもコ-ヒ-をかき回していく。
⑥、ほどよく冷めたところで、ぬるくなった時に、いただく。

時に、喫茶店でお味噌汁がつくことがある。
これも、信じられない程、熱かったときにすること。
①ほぼ、よほど寒い季節にならない限り、アイスコ-ヒ-を注文。
②アイスコ-ヒ-を氷が出てくるまで、飲む。
③コ-ヒ-から顔をのぞかせた、氷を、熱いお味噌汁の器に、お店の人に見られないように、そおっと、大きめのを一つ、入れる。
④、氷が溶けたところで、お味噌汁の具をいただく。
普段から、余り、大好きな汁は飲まないことにしております。

では、カップラ-メンや、インスタントラ-メンの時は?
①カップラ-メンにお湯を注ぐとき、規定の線よりかなり下に注ぐ。これは、麺がかぶる限界でとめておくことが、ポイント。
②3分たったときに、冷や水を、カップに注ぎ、よくかき回して、ほどよくぬるめにしていただいております。
この感じで、インスタントラ-メンも、お湯でゆでて、少しのお湯で粉のス-プを溶かし、ゆであがった麺を入れる直前に、冷水を注ぎ、ほどよく冷めたところで、おいしくいただいております。

主人は、猫舌でありながら、ラ-メンは熱々でいただくそうで、ぬるくして食べるのは私と息子です。

じゃあ、うどん屋さんに行ったときは?
①うどんについてくる、レンゲととりわけ皿に、うどんと具を入れて、しばらくおいて、冷ましてからいただいております。

たこ焼きはどうするの?
①たこ焼きは、きたすぐそばから、箸で二つに、全て割って?切ってしまいます。
②全部割り切りますと、最初のが、結構冷めてきますので、様子をみて、食べております。

そんなに、面白いかなあ。
あ・・・ホットコ-ヒ-が熱いときは、もう一つ覚ます方法がありました。
出てくるお冷やの水の中に入っている氷を、お店の人が見ていないところで、こそっと入れております。
すぐ冷めて、すぐ飲めます。

今日の夜は、久しぶりの夫婦でデ-ト。
大人のアイスをいただいてきました。
ソフトクリ-ムに濃厚なエスプレッソがかかった、家族で大好きなデザ-トです。
おいしかった~。

口プ-おじさんと、鰻重セット。

P1050510.JPG

平尾家には、嫌なことをされたり、注意を受けたり、気に入らないことがあると、口をとがらせたり、魚のおこぜのように口をへの字に結んだりを繰り返して、アピ-ルする、その名も
「口プ-おじさん」が1人おります。

例えば、ス-パ-で、お買い物の時。
アイスを選んでおりました。
扉をずっと開けながら、いちご味にしようか、バニラ味にしようか、手にとって迷っておりました。

「扉を開けっ放しにしていると、冷気が飛んで、お店のアイスが溶けてしまうから、それを買うのか、やめるのか、どちらかに早くしようよ。」
こ~~~んな時、口プ-おじさんが、登場します。
見ると、口をとがらせたり、への字にしたり、忙しく繰り返しております。

そんなおじさんに、愛を込めて、命名しました。
今日は、少なくとも3度は、登場しました。
そんなおじさんは、時々文句を言いながら、おいしく結局食べてしまう、いただいてしまう・・・という習性も持っています。

土用の丑の日に、ウナギを逃した私たち。
息子の部活が忙しくて、食べに行くこともなかなかできません。
息子は、ウナギが大好き。
夫婦だけでいただいた・・・なんて聞くと、悲しむと思い、機会ができるのを待っていました。

案外早く、できました。
台風により、土日と部活はお休み。
土曜日が休みになって、喜ぶかと思いきや、深くため息をつき、
「結局さ~明日は、あるんだよな」とこぼしていました。

息子の願いもむなしく、朝から晴天なり。
気分を盛り上げようと、エッグトリ-トメントを時間をかけて、解していきました。
気分良く、施術後に起きてラインを見ると、なんと!交通機関の不安定に付、お休みに。
母は、速攻で予約の電話を入れて、500円の無料件を握りしめて、行きました。

チャンスを逃さないわ~うきうき。
そこに、おじさんが「ウナギい~かあ、僕もウナギを食べるの?鰻の旬で一番美味しい時期は、10月~11月なんだよな。」とぼやき始めました。
「じゃあ、食べるのやめなさい。こだわりおじさん。」

またまた、口プ-おじさんが、登場しました。
口を動かしながら、さらに述べました。
「まあさ、しょうがないよ。1人だけ違うことするのもさ、いけないし、食べるよ~」
とか、なんとか言って、一番おいしそうに食べてたじゃん・・・とは、突っ込むのをやめました。

おじさん・・・素直にうれしがろうね。
どう見ても、美味しかったでしょ?
息子は、なんでか、鰻を美味しそうにほおばりながら、歴史の話をしてきました。
「なんで、争うのかな。争うのなら、僕は、どの国ともつきあわないのが、一番だよ。だって、嫌な思いをしないですむもん。」

息子~その話をしていても、美味しいか?
それは、歴史と国の話ではなくて、息子のつきあい方の方針だと母は、思ったぞ。
息子は、きっとめんどくさいことを言ってくる人には、近づかない主義だね。
将来、女性とおつきあいしても、結婚しても、そういう主義かな・・・とにらみました。

口プ-おじさんも、口をとがらせて、アピ-ルはするけど、あんまり言ってこないのは、きっと何かを述べると、いろいろ言ってくる、おばさんがいるからだろう・・・と見た。
口で、せめて、反撃するんでしょうね。

つばめちゃんは、台風にも負けずに、もうすぐ巣立ちを迎えそうです。
良かった~。

息子とデ-ト

P1050508.JPG

P1050509.JPG

今日、午前中に久しぶりに自由な時間ができました。
夏休みが始まったものの、毎日部活で、お休みは土日も関係なし。
そんな息子が、午後からの練習になって、お弁当も今日は主人だけで、2人の都合が時間的にぴったりとあいました。

息子が大好きな、喫茶店があります。
土日の家族のモ-ニングも、部活があって、慌ただしく、時間もゆとりなし。
そんなこともあって、誘ってみました。
高校生になって、はたして母親と言ってくれるのか?

「うん、行きたい。」
2人で、コ-ヒ-と、モ-ニングタイムと久しぶりになりました。
息子は行ってみたい、数ヶ月ぶりのその喫茶店で、アイスカプティ-ノをシナモンスティックで混ぜ混ぜしていただきます。

母は、世間の教養をお勉強の為に、週刊誌を。
この熱さのために、氷コ-ヒ-をいただきました。
暑い時期に、突然からだが欲してしまう、コ-ヒ-を凍らせたコ-ヒ-の中に、牛乳を200ミリはついてきて、かけて、溶かしていただきます。

牛乳は、そんなに好きな方ではありませんが、コ-ヒ-と混ぜるカフェオレになると、おいしくいただけて、飲むことによって、血管が拡張されて、暑さの耐久性が強くなる感覚がいたします。
知らずに飲んでいましたが、実際にテレビで放送されていて、納得したのでした。

夏バテってなんでしょう?
まあ、涼しいお家サロンでお仕事しているので、えらそうには言えません・・・が、食欲と、ぐっすりと眠れることは、一年中安定しています。
更年期って、なんでしょう?

あと数年すると、何かしら体験できるかなあ。
JHASの人は、更年期の重い方は、周りで見ないので、きっと毎日の心、精油、クリスタルが貢献してくれていると思っております。

夏バテや、更年期で身体がえらくて、食欲がなくなる人もいるらしいですね。
ここのところ、おいしいものをいただいて、コンスタントに消費しています。
最近のヒット。
めったにいただけない、人気ランキング一位のゼリ-。

そして、棚に並べると20分で売り切れる、あま~いとうもろこし。
タイミング良く、並べているところに出会ったといって、お土産にくださいました。
あまくて、みずみずしくて、濃くて、歯触りも違って、おいしかった~。
今日こそは、冷製ポタ-ジュを頑張る予定。

前回、お隣さんと、豊川の講師にいただいた、合計16本のトウモロコシは、冷製ポタ-ジュになる前に、消えました。
たどりつけなかった・・・。
今回こそは、ポタ-ジュにしようと堅く決意をしています。

休日もお仕事と健康診断

P1050497.JPG

P1050499.JPG

P1050500.JPG

P1050501.JPG

P1050502.JPG

P1050503.JPG

P1050504.JPG


P1050505.JPG

この土日とアロマのお仕事をさせていただきました。
長野県と、静岡の藤枝市から、泊まりがけでお越し下さって、アロマの解剖学の勉強と、トリ-トメントをさせていただきました。
夕方に、優しい癒やされる時間は終了いたしました。

アロマの解剖学では、心と体のつながりをホリスティックに勉強いたします。
私は、この解剖学のレッスンが実は、大好きで、自分を見つめて優しく癒やす時間ととらえています。
身体から発するメッセ-ジに耳を傾けて、自分で自分にカウンセリングをし、そこに適した精油、ヒ-リングを自らでしていくことで、元気になっていく時間ととらえています。

また、この経験は、アロマセラピストの一番のお仕事のトリ-トメントにとても大切な必要な勉強です。
臓器の位置を確認し、臓器の最低限の働きを学びます。
でも、セラピストはお医者さんではないですから、一番は予防医学とも思っています。

解剖学のレッスンをすると、なぜか、自分で自分の心に自然と向かわされていきます。
一通りの勉強を終了しますと、かなり元気になって、お帰りいただきます。
勉強中に、何度も爆笑場面があって、涙、涙の場面もあって、主人の提案もあって、久しぶりに強風おばんざいのランチにも、行ってきました。

おいしかった~。
予約をとって、正解でした。
予約の方だけで、お店はいっぱいになっていました。
主人は、大喜び、勉強に来て下さった方も、一緒にランチのできて、喜んでいただきました。

その勉強会の前に、健康診断に行ってきました。
レディ-スセットと、基礎の集団検診もしていただきました。
やはり、注射は苦手です。
血圧を測る同じお部屋に、できれば、血液を採るのも一緒はやめてほしいなあ。

案の定、注射を見ただけで、血圧が高くなりました。
心臓が高まるのを感じました。
「深い呼吸を何度もしてくださいね」とセンタ-の方に伝えられました。
2度血圧を測り、2度目はもう、注射を見ないことにしたところ、しっかりと、血圧は正常に下がっておりました。

興奮後に、血液採取だったせいか、チクっと針が入った直後、血液がピュウピュウたまる音がしました。
どきどきしていると、血液も勢いがあるのかもしれません。
「たくさん、血液採取したので、休憩してから、次の検査に行っても、いいですよ」と伝えていただきました・・がだあれも、休憩する人はおりませんでした。

そうだよね・・・だって、朝食抜きだもの、早く終了して、ご飯食べたいものね。

私、一つ失敗しました。
子宮癌と、子宮頸がんの検診をしたのですが、座る足下に、大きなゴミ捨てで見るバケツが置いてあったのです。
「えっ!これって、足湯をしながら、検診してくれるの?すごいね~」と足をそろえて、バケツにおきました。

「そこに、足を入れては、いけないですよ。足は、ここに上げてください。」と伝えられてハッ!としたのでした。
その大きなバケツさん・・・検診に使った器具をおくためのバケツさんだったと後で知りました。
そ・・・そうだよね・・・ここで、アロマの足湯はしないよね・・・と冷静に思いました。

今回の検査は、30人ほどだったので、早く終了し、ご飯抜きのイライラする前に終了し、速効で喫茶店にゴ-!しました。
性格悪くなる前で、良かった~。
お家に帰ると、第二弾のつばめちゃん達も、雛たち4匹が、大きなお口を開けて、「ご飯ちょうだい~」と、ピ-ピ-鳴いておりました。

この熱さに負けないで、子育てを頑張って、着々と育っております。
結構大きくなって、もうすぐ育っちゃうかなあ。
かわいい雛ちゃん。
あなたたちも、私と一緒で、熱かろうが、夏ばてという食欲には一切影響ないね。

ほんと、夏ばてで、食欲ないなんて、経験無いから寄り添えないですよ~。
まだまだ、未知の経験を残しておりますね。
明日も、お仕事に、家事に頑張ります。
前の10件 | -